テーマ:靖国神社のこととか

遊就館について思ったこと

前回のエントリ。 靖国神社と遊就館、参拝と見学 http://invisible.at.webry.info/200609/article_6.html 靖国神社について思ったこと http://invisible.at.webry.info/200609/article_12.html  遊就館の展示物を丁寧に(とい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

靖国神社について思ったこと

前回のエントリ。 http://invisible.at.webry.info/200609/article_6.html  前回はとにかく「見学記」でしたが、私みたいな「いつかは行っておいた方がいいんだろうけど、なんか敷居が高いように感じてしまって」という人が「そうかそんなに気構えなくてもいいんだな」と思うといいなと思い、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

右往左往の続き

http://d.hatena.ne.jp/ultravisitor/20060903  なにかすごくいいことを仰っている、と思うのですが、猫に小判とはこういうことですね。頭悪い私には、自分がこの内容を理解できているのかどうかすら何やらよう分かりませんにゃー。  以前書いたエントリ。 http://invisible.…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

靖国関連エントリまとめ

 たいしてアクセスもないこのブログなのに、靖国神社に関わることについては皆さん関心が高いらしく、その辺りのエントリだけたくさん参照されているみたいです。  そういう人はメダカの話とか読まされるとうんざりだろうなと思い、一応靖国神社問題だとか、その辺に関するカテゴリを作りました。もうそう増えないと思いますが、リンクしたり通読され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靖国神社と遊就館、参拝と見学

 さて、行ってきました靖国神社。さすがにいろいろと思うところもあったのですが、とりあえずは見てきた内容のみを記しておきます。感想や考えはまたそのうち。一度は行っておきたいと思いつつもつい行かないでいて、どんなところなんだろうと思っている、私と同じような人が「ふーん」と思ってくれればよいです。  つくばエクスプレスで秋葉原。総武線に…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

心配しすぎなのか、もっともなのか

http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/2bd70e36a2b49c4a8b6c2bf6fd1e75d4  「これだ!」と思ったのでとりあえずメモ。人のエントリの中のさらにコメント部分についてそういう事を言うのはぶしつけで恐縮なのですが。 しかし、今回の出来事が、数年後には先の大戦の日本の行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文字通り右往左往」について

「文字通り右往左往」について  あまりにもアレなんで、一晩頭を冷やして要約してみます。 ・ ぼんやり思っていた「戦争は悪」という意識はあまりにも当然のことであるため、それ以上考える事をしなかった ・ それを考えてみようと思ったとき、私は自分のこれまでの立場が崩れたのが分かった ・ 私は私にとっての「これらの問題に対する見解」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文字通り右往左往

※ 書いておいてこんなこと言うのもなんですが、本当に取り止めもなく面白くもなく、ということになってしまいました。そればかりか不快に思う人もいるかもしれない、とも思います。なんか、すいません。  相変わらず靖国問題、というか、今は東京裁判の話にかぶれています(自虐的に”かぶれ”と称しています)。まさに熱っぽくさめやすく、短絡的で無知…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

こんなに長くなるなんて。

 がらにもなく靖国神社だとかのことを書いてしまっていますが、言葉足らずかなと思うのでいくつか記します。 ■ 私は別に「総理大臣も靖国に参拝すべき」と思ってはいません。取りあえず靖国のあり方とか、戦没者という言葉の中にどこまでの人をどう含めているかといったところは何とも言えないながらも、戦争で命を失った人に対して、国家を代表する人が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

参拝に反対する理由って、本当はもっとあるのでしょう?

戦争を知らない人のための靖国問題  昨日のテレ朝ワイドショーで、小泉首相の靖国参拝を受けて、上坂冬子、加藤紘一などが対談していました。「靖国問題」についてほぼ無関心であったところの私はそれぞれの話を聞きながら、どんどん上坂冬子の意見に耳を傾ける気になりました。  それは参拝の正当性と中国・韓国が押し込んでくる干渉の不当性をシ…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more