だってそれ,人のやん

 WBC見てると,観客みんなが巨大な魚肉ソーセージを持っているみたいで,うらやましくなってきました。

 日本は野球もサッカーも,どうしてこう韓国戦を「宿命のライバル」「絶対に負けられない一戦」とかつってあおるんだろう。特にサッカーについては,宿命のライバルと思ってるのは日本だけで,韓国の人はとっくに日本を格下だと思ってんじゃなかろうか。「別に負けてもいい一戦」なんてあんのかよ。負けるとそういう話になるけどさ。

 それはともかく。私の中ではこれはサッカーからスタートしたものではないかと思っているのですが,応援しているファンのあの主体性のある感じが,私にはすごく気持ち悪いのです。なんすかねあれは。昨日も,球状に向かうファンにインタビューして,「絶対に負けられないんですよ!」とか言ってましたが,あんた外野席で何をするつもりなんだ。

 言葉のあやとかその場のテンションとかあるだろうとは思いますが,どうもあの,自分が試合しているわけでもないのに,プレイヤー感覚でコメントする人たちの気持ちが分かりません。そこまで感情移入しているのか。苦労してプロ野球選手になり,WBCに選抜された選手が言うようなことを,試合をフェンスの外から見るしかできないそこらへんの一般人の分際でぬけぬけとコメントしてずうずうしいと思わないものなのか。

 そうは言いつつ,私も国旗持って球場まで出かけるようなファンっぷりを経験したことはないので,そういうもんだ,それがスポーツ観戦の醍醐味だといわれればそういうもんかしらん,と思わないでもないです。そうだなぁ,苦労して有給申請してチケットとって,応援グッズ準備してアメリカまで出かける……その手間を考えたら,現地で勘違いおおはしゃぎするくらいは妥当なことなのかもしらん……。テレビを通してみてるこっちにはそんな事情は関係ないけど。

 人のことなどほっとけばいいんですけどね。やっぱりなんか,気持ちわりぃっす。他人の苦労とがんばりを傍観しているだけのくせに,「積極的に」それに感情移入しすぎて自分の苦労とがんばりであるかのように振舞う人たちが。いてもいいけど私の目に触れないところにいてくれたらいいのに。


・ぼくはペット(コミック) ☆☆☆☆
 中盤からかなり面白かっただけに,ラストが残念。帳尻あわせみたいなつまんない話差し込まなくてよかったのに。また,この手の話については「振られた人」が丁寧に描かれていてほしいと思う性分なので,そこの中途半端さもひっかかった。が,それらを差っぴいても面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック