片付けられない

 ぼんやりとした「片付けたい欲」がじんわりと沸き起こっています。まだ”ぼんやり”で”じんわり”なので、行動には全く結びついていませんが。

 まだ1年以上も先の事を考えても仕方がないのですが、いずれは新居に引っ越すはずの私。今から不要なものはどんどん捨て、片付け、荷物をスリムにしておきたい。ちょうどこの夏、職場の改装工事があって一時的に引越しをしていたのですが、日頃から職場の荷物を整理していたわたしは30分程度で移動を終えたのに、散らかし放題の同僚は取りかかりも遅く、時間もかかった上に、引越しを終えてからいらないものを選別するという愚行を犯していて、ああこんな人間にはなりたくないなとつくづく思ったのです。それがきっかけか。

 とはいえ、職場のものは「仕事にいるかいらないか」で明確に取捨選択できますが、自宅のものはそうばかりでもなく。特に困るのが、食玩などの類です。こういうのって、あっても何の役にもたたないし、埃かぶるとほんとうっとうしいし。ケースの中に飾るとかするとそれがまた面倒くさいし。さらに、買った当時は「これほしかったんだよねぇ」だったはずなのに、実際はそう毎日眺めるわけでもないし。

 ここまで不要条件がそろっているにもかかわらず、「捨てると後悔しそう」という漠然とした心配も拭えない。ここが実にもどかしい。スパッと捨てて、新居ではシンプルライフを満喫したいと思っているのですが、でもこれ捨てたら取り返しつかないよなぁ。

 それでも「いずれ捨てることになるもの」と「これは、うーん」というものを心積もりの段階で選んでいるのですが、

・きれいなジャイアン
・ボヤッキー&ドロンジョ
・人形劇三国志の孔明と周喩

 これらはやっぱ捨てきれないなと思います。いるか?と言われるといらないんですよ確かに。きれいなジャイアンなんてそう思いいれもないし。しかしなぁ。もらってくれる人がいればいいんですが、近所にどころか遠くにも趣味の合う人なんていません。

 普段の掃除の時も思いますが、私の場合は、困るのって場所をとる大きな荷物などではなく、こまごまとした「捨てていいんだかよくないんだか微妙なもの」なんですよね。使いかけの乾電池とかどうしたらいいんだろう。まず残量をチェックしなくちゃいけないし、使えるとしたらどこに置いておくべきか考えなくてはならないし、その後の使い道を考える必要があるし。でもさしあたり不要だし、でも使えるのに捨てるのはもったいないし。じゃあどこ置いとく?…きーっ!ってなると、もう掃除とかする気がなくなります。

 わたしは本当は、「そういうものをおいとく箱」を用意しておくといいのかなと思ったりもしますし、段ボール箱を実際に用意しようかと思ったこともあるのですが、その中がまた埃だらけになったりしそうなのと、この手のブツは実際ふとほしくなる事があるので、そのときに埃の積もった箱の中に手を突っ込むのはやだろうな、ということでやっていません。しかしその結果、部屋全体が、そのダンボールの中身をぶちまけたイメージになっているわけで、よくないわなこれ。では、どこからどう手をつけよう。…あー、寝るか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

y
2006年10月22日 01:48
何はともあれ孔明と周瑜は捨てちゃなんねー組み合わせです。思い出しちゃった、血を吐く美周郎。関係ないけど(全く関係ない訳じゃないけど)蒼天航路読み直したくなりました。
ketket
2006年10月22日 02:34
 玄徳もいたはずなのですが、どっかいっちゃいました。きっと孔明がナントカしてくれると信じているのでしょう。
 うちには横山光輝三国志も全巻あって、これがまた邪魔で。一時実家に退避させるか?などと考えているところです。
y
2006年10月22日 09:49
孔明があって、コンビが周瑜のみだと腐女子の香りがするのですが、でも玄徳をさらっとだすketketさんはまっとうだ。横山光輝も。
萌音
2014年02月08日 07:30
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック